以心会

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)(EGD)

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)の案内

目的

食道、胃、十二指腸球部、十二指腸下行部に内視鏡(胃カメラ)を挿入して観察撮影、場合によっては組織を採取し、これらの所見を総合して疾患を診断するとともに病態を把握することを目的として行う検査です。

検査前日から当日の注意事項

抗凝固剤・抗血小板剤を服用中の方は申し出てください。
組織検査をする場合は、休薬の必要があります。予め主治医とご相談ください。
鎮静剤をご希望の方は、来院にあたって車の運転は絶対に避け、
公共交通機関または家族の送迎で来院してください。
なお、検査後1時間以上の安静が必要となりますので、 時間に余裕を持ってお越しください。

食事制限

検査を受けるには、食事制限が必要です。

時間食事制限内容
検査前日アルコールは控えてください。
夕食は午後10時までに済ませてください。
夕食後は絶食です。
水、お茶、スポーツドリンクは飲んでも構いません。
胃の手術を受けられたことのある方や胃の調子が悪い方は、食事が胃の中に残りやすくなっている場合があります。前日の食事は早い時間に、軽めにしてください。
検査当日検査まで絶食です。
胃の中をきれいにするため、起床後、コップ一杯程度の水を飲んでください。
喫煙は控えてください。

服薬されている方の注意事項

朝の内服(粉薬、錠剤、カプセル錠)は全て中止してください。
内服薬は持参していただき、検査後服用してください。

食事制限、内服薬などにご不明な点があれば、主治医もしくは当院へお問い合わせください。
ご心配な方は、一度、医師の診察を受けられてから、検査を受けられることをお勧めします。

抗凝固剤・抗血小板剤を服用されている方

これらの薬を服用されている方は出血が止まりにくくなります。
内服されている方は組織検査(組織を採取して詳しく細胞を調べる検査)を受けることができません。
組織検査を受けるには、あらかじめ薬の服用を中止する必要があります。
中止期間は薬の種類によって異なります。医師の指示に従ってください。

<詳細はこちら>

糖尿病の治療をされている方

糖尿病の内服薬やインスリン注射の使用は、食事制限のため、低血糖を引き起こす危険性があります。検査当日の服用・使用は控えてください。主治医への確認をお勧めします。

検査の流れ


1.予約の患者様は、検査受付にて予約用紙と診察券をお出しください。


2.更衣室にて検査服に着替えます。


3.待合室でお待ちください。


4.前処置 消泡剤(胃の中の泡を消す水薬)を飲みます。


5.検査室に入ります。
6.名前の確認をします。


7.喉にスプレーで麻酔をします。


8.鎮静剤または、鎮痙剤の注射をします。

<鎮静剤について>


9.検査が始まります。


10.3~5分ほどで終了します。


楽に内視鏡を受けるポイント

  • 体の力を抜きます。ゆっくり深呼吸(ため息をつくような呼吸)を、繰り返すと自然に体の力が抜けます。(鼻からでも口からでも呼吸はできます)
  • 唾液がたまっても飲み込まずに出してください。
  • 唾液を飲み込むと、むせたり嘔吐反射が起こってしまいます。

11.鎮静剤を使用した場合は、リカバリー室にて安静にしていただきます。


目が覚めるまでには個人差があるので、ふらつきがなくなるまで安静にしてください。
ご自身で自動車等を運転して帰宅される方には、危険をともないますので鎮静剤を使用いたしません。


検査結果

検査と採取した組織の結果説明は検査日から1週間以降となります。